オンラインイベントまとめ(随時更新)

第32回記念万有仙台シンポジウム

5月15日(土)12時20分~18時
参加申込締切 4月14日(水)
参加費 無料
1.イオン性分子触媒の創製:高難度分子変換の実現を目指して (名大トランスフォーマティブ生命分子研)大松亨介
2.低酸化数13族元素分子が持つ特異な結合・構造・反応性 (名大院工)山下 誠
3.天然物合成の進む道 ~全合成と実践的合成 (徳島大院医歯薬)難波康祐
4.希土類触媒で切り拓く新しい有機合成化学 (理研環境資源科学研究セ)侯 召民
5.酵素を使った天然物合成の新展開 (北大院理)及川英秋
https://www.msd-life-science-foundation.or.jp/category/symp/sendai

第8回慶應有機化学若手シンポジウム

2021年5月8日 (土) 12:30~18:00
参加費:無料
参加申込締切:4月30日(金)
「天然物から広がる有機合成化学 ~全合成から創薬まで」(北里大薬)大多和正樹
「がんが普遍的に過剰生産するアクロレイン代謝物:生組織でのカスケード反応によるがん診断・治療への応用」(東工大物質理工)アンバラ プラディプタ
「有機化合物の分子運動に立脚した機能性材料開発」(東北大多元研)武田貴志
「安定分子の脱離を駆動力とする結合形成反応の開発」(慶大理工)齊藤巧泰
「酸素酸化を活用した二量体型アルカロイドの収束的合成戦略の開発」(東北大院薬)植田浩史
「非天然型糖タンパク質を合成し天然型糖鎖の機能を探る」(阪大院理)岡本 亮
「遷移金属アニオン種の触媒機能」(東大院工)岩﨑孝紀
「分子キラリティによる電流/スピン流変換機能の創出」(京大院工)須田理行
https://www.applc.keio.ac.jp/~y-miura/KOS/index.html

“光”機到来!Qコロキウム

4月28日(水) 17:00-19:10
相澤 直矢(理化学研究所・研究員)
「理論計算が先導する熱活性遅延蛍光材料の開発」
原野 幸治(東京大学・特任准教授)
「原子分解能電子顕微鏡で解き明かす分子集合の謎」
情報:https://molecular-photoscience-v-c.webnode.jp

有機合成化学協会

関東支部 2021年度 第1回有機合成化学ミニシンポジウム
4月16日(金) 15:30~16:40
参加費:無料
「化学・情報科学の融合による新化学創生に向けて―AI技術・自動合成技術を基盤とする新化学創成―」
高橋 孝志(北里大学大村智記念研究所 客員教授)
https://www.ssocj.jp/event/kanto_2021minisymposium0416/

第79回関東支部-大岡山シンポジウム
2021年5月29日(土)
参加申込締め切り 5月21日(金)
参加費:主催・共催学協会(一般)会員2,000円、学生1,000円、非会員5,000円
https://www.ssocj.jp/kanto/79/

情報:有機合成化学協会HP

第47回有機金属化学セミナー―講習会:ものづくりに使える触媒反応―

会 期 6月8日(火)9時15分~17時20分
参加申込締切 5月12日(水)
参加費 協賛団体会員10,000円,大学官公庁所属会員・近畿化学協会有機金属部会法人会員7,500円,一般15,000円,学生2,500円
1.遷移金属錯体触媒反応を理解するための基礎知識 (阪府大院理)大橋理人
2.有機典型金属反応剤の活用と触媒的不斉合成反応への展開:P-キラルホスフィン配位子の合成と不斉水素化への応用を中心に (千葉大名誉/北大)今本恒雄
3.クロスカップリング反応 (京大院工)藤原哲晶
4.C-H官能基化 (阪市大院理)西村貴洋
5.オレフィンメタセシス反応 (阪府大院理)神川 憲
6.遷移金属触媒反応を活用する機能性有機材料の合成 (関西学院大院理)畠山琢次
https://kinka.or.jp/om/

第42回光化学若手の会

会 期 6月11日(金),12日(土)
参加申込締切 5月7日(金)
参加費 無料
「光を利用した基板上合成への挑戦」山田 容子 先生 (奈良先端科学技術大学院大学)
「半導体光触媒と機能性分子の融合:人工光合成の実現を目指して」小林 厚志 先生(北海道大学)
「1分子レベルで機能する超分子メカノフォア」相良 剛光 先生(東京工業大学)
「多重励起技術を基盤とした高位励起状態における光化学素過程の探索と制御」五月女 光 先生(大阪大学)
「金属および化合物ナノ粒子のプラズモン共鳴に基づく光電気化学反応」 西 弘泰 先生(東京大学)
「新規蛍光団の創製を基盤とした蛍光プローブの開発」花岡 健二郎 先生(東京大学)
「共役分子構造に由来する三重項光物性の理解と制御」平田 修造 先生(電気通信大学)
https://www2.rikkyo.ac.jp/web/naganolab/photochemistrywakate2021/index.html

第18回ホスト-ゲスト・超分子化学シンポジウム

会 期 6月26日 (土),27日 (日)
参加費:一般7,000円 学生4,000円
特別講演 櫻井英博 (阪大),植村卓史 (東大)
SHGSC Japan Award of Excellence
三宅 亮介 (お茶の水女子大)
小野 公輔 (東京工業大学理学院)
南  豪  (東京大学生産技術研究所)
http://www.chem.eng.osaka-u.ac.jp/mol3/shgsc2020/index.html

ケムステVシンポ

情報:ケムステVシンポまとめ

日本化学会イベントカレンダー

https://www.chemistry.or.jp/event/calendar/index.html

分子研コロキウム・セミナー

情報:https://www.ims.ac.jp/research/seminar/index.html

JEOL WEBセミナー

情報:https://www.jeol.co.jp/news/seminar/2021.html

リガクWebinarシリーズ

情報:https://www.rigaku.co.jp/dpi/support/webinars

※情報が最新でない可能性があります。リンク先を確認してください。

分子科学研究所 生命・錯体分子科学研究領域

瀬川グループ

〒444-8787愛知県岡崎市明大寺町字東山5-1 山手キャンパス3号館4階西

Department of Life and Coordination-Complex Molecular Science, Institute for Molecular Science (IMS)

Segawa Group

Yamate Campus, Bldg. No. 3, 4F West
5-1 Higashiyama, Myodaiji, Okazaki, 444-8787, Japan

Copyright © Segawa Group
トップへ戻るボタン