Presentation -Segawa-

Invited / Award Lectures

  • (33) “高度に湾曲したπ共役分子の合成戦略”
    第3回産総研化学研究シンポジウム 産業技術総合研究所 2019年11月22日
  • (32) “様々なトポロジーをもつ新奇芳香族炭化水素の合成”
    第30回基礎有機化学討論会 第15回野副記念奨励賞受賞講演 大阪国際交流センター 2019年9月26日
  • (31) “ナノカーボンの有機合成に向けて”
    野口研究所10周年記念講演会 板橋文化会館 2019年9月12日
  • (30) “Strained π-systems bearing nontrivial topology”
    ITbM-GTR Pre-ISNA Symposium “Toward Advanced Functions From New pi-Skeletons” July 20, 2019, Nagoya University.
  • (29) “高度に湾曲したπ共役分子の合成戦略”
    第52回有機金属若手の会夏の学校 倉敷せとうち児島ホテル 2019年6月25日
  • (28) “高度に湾曲したπ共役分子の合成戦略“
    第7回慶應有機化学若手シンポジウム 慶應義塾大学矢上キャンパス 2019年5月11日
  • (27) “Synthetic Chemistry of Strained Molecular Nanocarbons”
    JST ERATO伊丹分子ナノカーボンプロジェクト最終成果報告会“Toward Game-Changing Molecular Materials” 名古屋大学 2019年1月15日
  • (26) “カーボンナノベルトができるまで”
    新学術領域研究π造形科学 π造形若手会 横浜研修センター 2017年12月15日
  • (25) “湾曲した芳香族炭化水素の合成化学”
    第8回南方研若手研究者セミナー 大阪大学 2017年12月2日
  • (24) “分子ナノカーボンの化学合成”
    住友電気工業株式会社 グラフェン・二次元物質研究会 2017年11月15日
  • (23) “カーボンナノベルトの合成”
    新学術領域研究π造形科学 第4回公開シンポジウム 東京工業大学 2017年10月20日
  • (22) “Chemical Synthesis of Molecular Nanocarbons”
    International ERATO Itami Molecular Nanocarbon Symposium 2017, Aug 3–4 2017, Nagoya University.
  • (21) “Synthesis of a Carbon Nanobelt”
    17th International Symposium on Novel Aromatics (ISNA2017), July 23–28 2017, Stony Brook, New York.
  • (20) “Synthesis of a Carbon Nanobelt”
    International Symposium on Pure & Applied Chemistry (ISPAC) 2017, Ho Chi Minh City, June 8–10, 2017.
    Selected as a keynote lecture (8 / 82)
  • (19) “湾曲した芳香族炭化水素の系統的合成と性質解明”
    日本化学会進歩賞受賞講演 日本化学会第97春季年会 2017年3月19日
  • (18) “ナノカーボンを指向した湾曲芳香族炭化水素の合成化学”
    野口賞受賞講演 如水会館 東京 2017年3月8日
  • (17) “予期しなかった芳香環C–H官能基化反応の発見と展開”
    東京大学大学院工学系研究科化学生命工学専攻セミナー 東京大学 2017年1月30日
  • (16) “湾曲π共役炭化水素の合成化学 ~まるめて、かさねて、うねらせて~”
    東北大学理学部化学科第3回反有セミナー 東北大学 2016年6月10日
  • (15) “C–H官能基化反応が拓く新奇なπ共役分子群の合成”
    平成27年度第2回有機金属若手研究者の会 京都大学化学研究所 2016年3月23日
  • (14) “C–H直接変換反応を駆使した湾曲多環芳香族炭化水素の合成”
    野口研究所講演会 如水会館 東京 2016年3月11日
  • (13) “Synthesis of Novel Curved Aromatic Hydrocarbons”
    Canada/Japan Workshop, University of Ottawa, Ottawa, Canada, July 5, 2014.
  • (12) “Selective Synthesis and Properties of Carbon Nanorings”
    グリーンフォトニクス「International Young Chemist Symposium on Functional π-Systems toward Molecular Electronics」 奈良先端科学技術大学院大学 奈良 2013年8月7日
  • (11) “酸化的C–Hカップリングによる多環性芳香族炭化水素のπ拡張”
    統合物質創製化学推進事業第4回若手研究会 名古屋クラウンホテル 愛知 2013年6月28日
  • (10) “カーボンナノリングの選択的合成と性質”
    日本化学会第93春季年会若い世代の特別講演会 3A3-32 立命館大学びわこ・くさつキャンパス 滋賀 2013年3月24日
  • (9) “カーボンナノチューブの完全化学合成”
    第7回わかしゃち研究奨励賞優秀提案発表会 あいち産業科学技術総合センター 愛知 2013年2月5日
  • (8) “Selective Synthesis of Carbon Nanorings”
    The 14th Joint Seminar -University of Münster and Nagoya University-, Nagoya University, Nagoya, Japan, Oct 2, 2012
  • (7) “From Boron to Carbon”
    University of Toronto, Toronto, Sept 4, 2012, Canada (Host: Prof. Douglas W. Stephan and his Lab members)
  • (6) “Synthesis and Properties of Carbon Nanorings”
    Queen’s University, Kingston, Aug 28, 2012, Canada (Host: Prof. Cathleen Crudden)
  • (5) “カーボンナノリングの選択的合成”
    第3回統合物質シンポジウム 西新プラザ 福岡 2012年6月2日
  • (4) 東京大学化学GCOEキャリアシンポジウム“Take Off for Your Dream!” 2012年1月16日 東京
  • (3) “N-heterocyclic Carbene and Its Boron Analogue”
    Münster University, Münster, Aug 25, 2011, Germany (Host: Prof. Gerhard Arker and IRTG Program)
  • (2) “Synthesis, Structure, and Reactivity of Boryllithium”
    UC Riverside, California, Aug 17, 2007, USA (Host: Prof. Guy Bertrand)
  • (1) “ボリルリチウムの合成”
    東京大学 小柴ホール 東京大学総長賞受賞講演 2007年3月20日 東京

International Symposium

  • (7) Yasutomo Segawa, Akiko Yagi, Hideto Ito, and Kenichiro Itami
    “Theoretical studies on the structures of carbon nanobelts”
    The Sixteenth International Conference on the Science and Application of Nanotubes (NT15), P334, Nagoya, Japan, June 30, 2015 (Poster)
  • (6) Yasutomo Segawa, Katsuaki Kawasumi, Kenji Mochida, Takao Fujikawa, Tomonori Kajino, Qianyan Zhang, Lawrence T. Scott, and Kenichiro Itami
    “Direct C–H Arylation of Polycyclic Aromatic Hydrocarbons through Palladium Catalysis”
    International Symposium on Novel Aromatic Compounds (ISNA-15), PSA-78, Taipei, Taiwan, July 31, 2013 (Poster)
  • (5) Yasutomo Segawa and Douglas W. Stephan
    “Selective Hydrogenation of Acenes Catalyzed by Frustrated Lewis Pair”
    The 14th Joint Seminar -University of Münster and Nagoya University-, Nagoya University, Nagoya, Japan, Oct 1, 2012 (Poster)
  • (4) Yasutomo Segawa, Haruka Omachi, and Kenichiro Itami
    “Theoretical studies on the structures and strain energies of cycloparaphenylenes”
    The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem 2010), #526, Honolulu, USA, Dec 17, 2010 (Poster)
  • (3) Yasutomo Segawa, Makoto Yamashita, and Kyoko Nozaki
    “Syntheses and properties of PBP pincer iridium complexes”
    42nd IUPAC Congress, Glasgow, UK, Aug 2009 (Poster)
  • (2) Yasutomo Segawa, Yuta Suzuki, Makoto Yamashita, and Kyoko Nozaki
    “Synthesis, Structure, and Reactivity of Boryllithium”
    International Conference on Heteroatom Chemistry (ICHAC-8), P60, California, USA, Aug, 2007 (Poster)
  • (1) Yasutomo Segawa, Yuta Suzuki, Makoto Yamashita, and Kyoko Nozaki
    “Synthesis, Structure, and Reactivity of Boryllithium”
    Yonsei University – University of Tokyo Joint Symposium, P-50, Seoul, Aug, 2007 (Poster)

国内学会

  • (18) 瀬川泰知・渡辺二規・山野上琴乃・伊丹健一郎
    「メビウスカーボンナノベルトの合成」
    日本化学会第100春季年会 東京理科大学 3C4-13 2020年3月24日(口頭)
  • (17) 瀬川泰知・桑山元伸・土方優・伏見雅子・西原大志・ピリッロ ジェニー・白崎淳哉・久保田夏実・伊丹健一郎
    「オールベンゼンカテナンおよびトレフォイルノットの合成」
    日本化学会第99春季年会 甲南大学 1H1-52 2019年3月16日(口頭)
  • (16) 瀬川泰知・桑山元伸・伏見雅子・西原大志・伊丹健一郎
    「シクロパラフェニレンカテナンの合成」
    日本化学会第98春季年会 日本大学 1F3-23 2018年3月20日(口頭)
  • (15) 瀬川泰知・Guillaume Povie・西原大志・宮内雄平・伊丹健一郎
    「カーボンナノベルトの合成」
    第28回基礎有機化学討論会 九州大学 1A-09 2017年9月7日(口頭)
  • (14) 瀬川泰知・八木亜樹子・伊藤英人・伊丹健一郎
    「DFT法によるカーボンナノベルトのひずみエネルギーの計算」
    日本化学会第96春季年会 同志社大学 1F1-13 2016年3月24日(口頭)
  • (13) 加藤健太・◯瀬川泰知・Lawrence T. Scott・伊丹健一郎
    「7員環を有する湾曲多環性芳香族炭化水素の合成および性質」
    第26回基礎有機化学討論会 愛媛大学 2P099 2015年9月25日(ポスター)
  • (12) 加藤健太・◯瀬川泰知・Lawrence T. Scott・伊丹健一郎
    「湾曲した多環性芳香族炭化水素の合成および性質」
    第32回有機合成化学セミナー ニューウェルシティ湯河原 P48 静岡 2015年9月15日(ポスター)
  • (11) 瀬川泰知・大町遼・中山拓哉・高橋依里・伊丹健一郎
    「Initiation of carbon nanotube growth by well-defined carbon nanorings」
    第45回フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シンポジウム 大阪大学 1P-2 大阪 2013年8月5日(ポスター)
  • (10) 瀬川泰知・Douglas W. Stephan
    「FLP触媒を用いたアセン類の選択的水素化反応」
    日本化学会第93春季年会 2F3-10 立命館大学びわこ・くさつキャンパス 滋賀 2013年3月23日(口頭)
  • (9) 瀬川泰知・大町遼・松浦沙奈枝・セネル ペトル・宮本慎平・カマチョ クリストファー・イレ ステファン・深澤愛子・山口茂弘・笹森貴裕・時任宣博・伊丹健一郎
    「シクロパラフェニレンの合成、構造、及び光物性」
    第22回基礎有機化学討論会 A16 つくば国際会議場 茨城 2011年9月21日(口頭)
  • (8) 瀬川泰知・大町遼・伊丹健一郎
    「キラルカーボンナノリング:シクロフェニレンナフチレンの合成」
    日本化学会第91春季年会 3E4-19 神奈川大学 神奈川 2011年3月28日(口頭)
  • (7) 瀬川泰知・大町遼・松浦沙奈枝・伊丹健一郎
    「シクロパラフェニレンの構造と光物性」
    第21回基礎有機化学討論会 2P23 名古屋大学 愛知 2010年9月10日(ポスター)
  • (6) 瀬川泰知・長谷川万紀・山下誠・野崎京子
    「PBPピンサー配位子を有する9族金属錯体の合成と性質」
    第56回有機金属化学討論会 P3B-29 京都 2009年9月(口頭)
  • (5) 瀬川泰知・山下誠・野崎京子
    「PBPピンサーイリジウム錯体の合成と性質」
    日本化学会第89春季年会 3K4-32 千葉 2009年3月(口頭)
  • (4) 瀬川泰知・山下誠・野崎京子
    「ボリルリチウムの構造と反応性」
    日本化学会第88春季年会 2H4-38 東京 2008年3月(口頭)
  • (3) 瀬川泰知・山下誠・野崎京子
    「ボリルリチウムを用いた求核的ボリル配位子導入による11族遷移金属ボリル錯体の合成とその構造」
    日本化学会第87春季年会 2L2-47 大阪 2007年3月(口頭)
  • (2) 瀬川泰知・山下誠・野崎京子
    「新規アニオン性ホウ素求核種ボリルリチウムの合成・構造および反応」
    第33回有機典型元素化学討論会 P-48 福岡 2006年12月(ポスター)
  • (1) 瀬川泰知・山下誠・野崎京子
    「ボリルリチウムの合成と反応」
    日本化学会第86春季年会 1J3-42 千葉 2006年3月(口頭)

分子科学研究所 生命・錯体分子科学研究領域

瀬川グループ

〒444-8787愛知県岡崎市明大寺町字東山5-1 山手キャンパス3号館4階西

Department of Life and Coordination-Complex Molecular Science, Institute for Molecular Science (IMS)

Segawa Group

Yamate Campus, Bldg. No. 3, 4F West
5-1 Higashiyama, Myodaiji, Okazaki, 444-8787, Japan

Copyright © Segawa Group
トップへ戻るボタン